ハーブ一覧

ハーブ解説 Part333

ようこそ
ハーブの情報屋へ

ブログのスタイル

突然ですが2500、3000、5000この数字はなんだと思いますか?

正解は一般的な記事の文字数です。

しかし当ブログではたったの1000文字から1500文字、多くても3000文字程度の長さ。

その理由は仕事で時間に追われて勉強できない。でも学びを得たい

そんな向上心はあるけど時間がとれないという方にむけて、ハーブの専門的な知識を無料で学べるものはないかと考えました。

そこで分かりやすく簡潔にハーブの情報をまとめたものを会社の休憩時間や通勤時間などのスキマ時間で学べるようにしたのがこのブログです。

そのため一つの記事につき、わずか5分程度の時間で効率よく専門的なハーブの知識を無料で学ぶことができる

それがハーブの情報屋なのです。

さぁ、新たなハーブの知識を学んでいきましょう。

突然ですが皆さんオドリコソウというハーブをご存知でしょうか?

英名ではWhite nettleと呼ばれていますがシソ科ハーブで本物のネトルはイラクサ科で全く関係はないです。

Lamium albumとは?

ヨーロッパとアジアを原産とする多年生のハーブ。

茎の断面はペパーミント同様に四角く、葉の脇から花を咲かせます。シソ科というだけあって湿り気のある土壌ならほとんどの場所で育ちます。

Lamium album
伝統的な利用法

女性特有の疾患、特にカンジタ症や月経過多の改善に用いられていました。

また胃腸疾患や外傷の治療、ふけ症を緩和する抗炎症剤として利用された事例がありました。

オドリコソウの花は調整した生薬製剤にされて胃腸疾患の治療に用いられていたようです。

Lamium album
科学的な評価

オドリコソウにはサポニンとフラボノイドが含まれ、伝統的に利用されてきた抗炎症剤作用はこれらの化合物が寄与しているのが基礎研究によって示されました。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。