ハーブ一覧

ハーブ解説 Part378

いつも見に来てくださりありがとうございます。

さて今回解説するハーブはその名もボルドー Peumus boldus

いかにもフランスと関わりがありそうな名前ですが全く関係ないです。

まずは生態についてお話します。

Peumus boldus
生態及び伝統的利用法

南アメリカ原産でチリに生育しており、花と葉には良い香りがします。

主に利用するのは葉で南アメリカでは淋病の治療に用いられていました。

葉には強壮作用と刺激作用があるとされ、肝臓病尿路感染症に利用されていたのです。

さらに腸内寄生虫の駆除にも使われていました。

実はお茶として販売されている。

Peumus boldus
科学的な評価

基礎研究から肝臓保護作用抗炎症作用があることが判明したので、伝統的利用法の裏が取れています。さらに消化器系疾患への関心が良せられていますよ。

Peumus boldus
毒性

エッセンシャルオイルは刺激が強くて有毒

胆管障害及び重篤な肝障害を抱えている人は使用禁止。

胆石がある場合は有資格者の監督のもと使用しましょう。

Peumus boldus
まとめ

南米原産の植物で肝臓病に対して効果が期待できるハーブ。基礎研究が進んで効能が科学的に証明された。

ハーブの伝統的な使い方を見るたび思うのが、大体科学的に調べると裏が取れることが多い。

それを経験則でわかっていた過去の知識には敬服せざるを得ませんね。

Twitter開設しましたので、フォローしてくださると嬉しいです。
@けむさん

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。