ハーブ一覧

ハーブ解説 Part319

ようこそ
ハーブの情報屋へ

ブログのコンセプト

突然ですが2500、3000、5000この数字はなんだと思いますか?

正解は一般的な記事の文字数です。

しかし当ブログではたったの1000文字から1500文字、多くても3000文字程度の長さ。

その理由は仕事で時間に追われて勉強できない。でも学びを得たい

そんな向上心はあるけど時間がとれない方にむけて、ハーブの専門的な知識を無料で学べるものはないかと考えました。

そこで分かりやすく簡潔にハーブの情報をまとめたものを会社の休憩時間や通勤時間などのスキマ時間で学べるようにしたのがこのブログです。

なので一つの記事につき、わずか5分程度の時間で効率よく専門的なハーブの知識を無料で学ぶことができる

それがハーブの情報屋なのです。

さぁ、新たなハーブの知識をシェアしましょう。

今回解説するのはCirisium heterophyllumというアザミ科のハーブです。

Cirisium heterophyllumとは?

イギリスのスコットランドに分布する多年生の植物でCirsium japonicumは観賞用に栽培される。

Cirsium japonicum。
和名:ノアザミ

Cirisium heterophyllum
伝統的な利用法

主に利用されていたのは葉と根で17世紀には「体から過剰な憂鬱を追い出し、非常に快活な気分を得られる」とされていた。

そのためこの植物にワインが混ざったキリシウム・ヘテロフィルムワインが飲まれていたのです。

アジアでは出血性疾患の治療にCirsium japonicumが用いられていました。

Cirisium heterophyllum
科学的な評価

残念なことにキリシウム・ヘテロフィルムに関する薬効については評価が行われていない。

しかしノアザミについては抗不安作用と抗うつ作用について研究されている。

Cirisium heterophyllum
まとめ

イギリス産のノアザミはあまり研究が進んでいないがアジア原産のノアザミは抗うつ作用があるとして研究が進んでいる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。