ハーブ一覧

ハーブ解説 Part321

ようこそ
ハーブの情報屋へ

ブログのスタイル

突然ですが2500、3000、5000この数字はなんだと思いますか?

正解は一般的な記事の文字数です。

しかし当ブログではたったの1000文字から1500文字、多くても3000文字程度の長さ。

その理由は仕事で時間に追われて勉強できない。でも学びを得たい

そんな向上心はあるけど時間がとれないという方にむけて、ハーブの専門的な知識を無料で学べるものはないかと考えました。

そこで分かりやすく簡潔にハーブの情報をまとめたものを会社の休憩時間や通勤時間などのスキマ時間で学べるようにしたのがこのブログです。

そのため一つの記事につき、わずか5分程度の時間で効率よく専門的なハーブの知識を無料で学ぶことができる

それがハーブの情報屋なのです。

さぁ、新たなハーブの知識を学んでいきましょう。

Clematis armandii。いわゆるクレマチスについて解説をしていきます。

Clematis armandiiとは

園芸植物としてはメジャー

中国原産のキンポウゲ科の植物で1900年代にイングランドに導入された

強健なつる植物で葉は長く、くすんだ緑色をしており春先に芳香のある白い花を咲かせる

栽培のポイントは寒風にさらされない壁面が生育に最も適している。

Clematis armandii
伝統的な利用法

主に利用する部位は。癌性潰瘍や悪臭のする潰瘍治療に、または梅毒などの感染症治療に用いられた。

伝統医療の中医学では、この植物の茎が川木通せんもくつう)を尿路感染症皮膚疾患に処方する。

Clematis armandii
科学的な評価

このハーブは抗炎症に対する科学的な裏付けがあるため湿疹や尿路感染症に対しての処方も説明できる。

Clematis armandii
まとめ

古くから尿路感染症に対して使われ、現在では科学的な裏付けも取れている生薬。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。