ハーブ一覧

ハーブ解説 Part02

今回はミントについて紹介しきれなかった分を紹介します。

栽培のポイント

・丈夫で繁殖力が旺盛なため、ポットや鉢植えがおすすめ。

使用例

・デザートの飾りつけや飲み物のアクセントに。

・気分をリフレッシュしたいときに。

学名の語源

Mentha sphicata L スペアミント

Mentha=古代ギリシャの神話に登場する妖精の名前が由来です。

sphicata=穂状花序という意味槍の穂先のような見た目からつけられました。

Mentha×piperata L ペパーミント

piperata=ラテン語で胡椒に似たという意味です。

学名のエピソード

古代ギリシャの神ハデスがニンフのメンターを溺愛し、その結果妻のペルセポネに草に変えられてしまいます。それを哀れんだハデスが芳香を放つようにしたのが今のミントという伝承が一説にはあります。

まとめ

・育てるのは簡単で応用範囲が広いですが、植える場所には注意が必要。

参考文献

ナツメ社:ハーブのすべてが分かる辞典 著:ジャパンハーブソサエティー

原書房:ハーブの歴史 著:ゲイリー・アレン

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。