ハーブ一覧

ハーブ解説 Part151

今回は、イタリア料理で酸味を追加するのに使われるケッパーをご紹介。

Capparis

ケパリスと読む常緑の灌木で、約250種が熱帯と亜熱帯に分布しています。俗称は繰り返しになりますがケッパーで、地中海沿岸の温暖な地域では観賞用として植えられています。

学名の語源はギリシャ語のkapparisで、さらに遡るとペルシャ語の「kabar(ケーパー)」に由来します。

Caparis spinosa

匍匐性の灌木で、長さ1.5mの茎が這い、卵型の葉の付け根には1対の棘があるのが特徴です。初夏~初秋まで4枚の花びらと長いピンクの雄しべの、白からピンクの単性花が咲きます。

 

1885年に出版された『図解・写真入り園芸辞典(著 G・ニコルソン編)』では、「英国南郡では完全耐寒性の・・・素晴らしい温室灌木である。」と評されていましたが、今日では見かけなくなりました。

各種利用法

利用部位:根の皮・花の蕾

料理

酢漬けや塩漬けにした蕾は、ラム料理のケイパーソース、タルタル、ラヴィゴット、レムラードソースや魚料理、オードブルに使われます。

また、代用としてナスタチウムの熟していない種子を酢漬けにすると、カプリン酸の働きで同じような風味が出せるため、代用が利きます。

薬用

収斂、利尿、去痰性のハーブで、興奮性の強壮剤とされています。

内服では根の皮が胃腸炎、下痢、痛風、リューマチ、蕾は咳に効果が期待できる。

また外用では、蕾が目の感染症に使われることがあります。

栽培

園芸品種で耐霜性があります。日向の水捌けの良い砂質の土壌を好み、繁殖は夏の気温が19~24℃頃挿し木で増やすことが可能です。

歴史

ケイパーの酢漬けは、西ヨーロッパで2000年以上使われてきた伝統のある食材です。ケイパーには野生種と栽培種の2種類がありますが、栽培されたものは野生種に比べ、野性味にかける味のようです。

あとがき

ケッパーについて解説しました。遠い原産地からあらゆるところに勢力を伸ばし、繁殖していったという点では尊敬に値します。

環境に順応する。これこそが生き残る上で欠かせない戦略なのかもしれませんね

ブログを見てくれる貴方へ

今日まで書き続けることができたのはいつも見てくれている貴方のおかげです。本当にありがとう。

これからもブログの更新を続けるので、少しでもハーブについて知れたのなら幸いです。

それではまた次回の記事でお会いしましょう。

宣伝

Twitter開設しました。フォローするとこのブログの最新情報とハーブの知識を得ることができます。

@けむさん
今回の記事はここまでとなります。また次回の記事でお会いしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。