ハーブ一覧

ハーブ解説 Part306

今回解説するのはBambusa vulgaris。つまりタケについて解説していきます。

Bambusa vulgarisの
生態

アジアが原産の多年生植物で茎に黄緑色をした縞模様があるのが特徴。葉は深緑色で多くの土壌に適応することができる。

成長すると見栄えするため土が流れにくい土地では安定化の役割を果たす。

Bambusa vulgaris
利用法

細かくしたものを編んでかごや伝統工芸に利用したり、春に芽として出てくるたけのこは食用になる。

伝統的な使われ方

若い枝は調整したものが強壮剤や潰瘍、傷の治療薬として使われていました。葉は麻疹や生の感染症に対して用いられました。

科学的な評価

伝統的な中医学では咳や不眠症、つわりに若い茎が用いられることに対して科学的な研究が進んでいます。

Bambusa vulgaris
まとめ

タケは伝統的な使われ方はもちろん、現在でも食用として食べられている。

ABOUT ME
Kemu
毎日ハーブのあれこれについて更新しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。