Part430~Part442

ハーブ解説 Part434

今回解説するのはスコッチパイン Pinus sylvestris。いわゆるヨーロッパアカマツと呼ばれるハーブです。

Pinus sylvestris
生態

ヨーロッパを原産とする針葉樹。茶色から橙色の幹がまっすぐ伸びるのが特徴。

枝の先端に針状の葉が集まって付きます。未熟な松かさは緑色、熟すと灰色または赤茶色に変色する。

オイルは香水や溶剤、樹脂はニス、印刷インク、封蝋、弦楽器の滑り止めなど多くの用途があります。

Pinus sylvestris
伝統的な利用法

利用部位:葉から採れる樹脂

葉から抽出されるエッセンシャルオイルは防虫剤及び、呼吸器疾患消化器疾患に用いられていました。

ほかにもアロマテラピーにも使われ、ストレスと疲労を癒す入浴剤にも含まれています。

樹脂は腎臓、膀胱、そしてリウマチの治療薬として用いられていたようです。

Pinus sylvestiris
薬効

外用薬として
・関節炎
・リューマチ
・坐骨神経痛
・循環器機能不全
・気管支炎
・カタル
・副鼻腔炎
に利用が可能。

内用では
・尿路、呼吸器の感染症
・胆嚢機能不全
に用いられます。

いつも読んでくださる人たちへ

今日まで書き続けることができたのは読んでくださっている人のおかげです。これからも更新を続けるのでどうか応援して下さると嬉しいです。

宣伝

Twitter開設しました。フォローするとこのブログの最新情報とハーブの知識を得ることができます。

@けむさん
今回の記事はここまでとなります。また次回の記事でお会いしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。