香りの逸話と歴史

ナポレオン

ナポレオンの
香りにまつわるエピソード

ワーテルローの戦いでイギリス軍に破れ、セントヘレナ島に流された。

爽やかな香りが好きだった彼のために、従者が島で似たような香りの植物を育て、オーデコロンを作った。

それが「セントヘレナの皇帝のオーデコロン」 で、亡くなる1820年に処方された。

その香りはオレンジとレモン、プチグレン、バーベナ、ローズマリーの爽やかな香りだったとか。

ナポレオンと
オーデコロン

ナポレオンは、重大な決断をする際に、オーデコロンを嗅いだと伝えられる。

第一執政就任後は、戦争の意思決定者でもあった。政治的には近代市民社会の原理を定着させたことが大きい。

軍事的な天賦の才も持ち合わせていた。

2度に渡るイタリア戦争、アウステルリッツの戦いなどでは、部隊を迅速に動かす近代的な戦術を生み出した。

戦争史をみても、彼が初めて近代的な戦術を生み出したと言える。

そんな重大な意思決定のときに、オーデコロンが近くにあったに違いない。

香り依存症
ナポレオン

彼は重度の香り依存症で、緑のモロッコ革の旅行ケースに
・数百の香油瓶
・オーデコロンの瓶
・香料入りの咳止め錠剤
などの高価な箱を携帯してた。

さらに日に数本のオーデコロンを使っていたと言われている。

当時は香りをまとうことが、市民、中流階級のステータスでもあった。

銀行家のオーデコロン

当時の若い銀行員、ミューレンスはオーデコロン“4711”を販売していた。

やっぱり医薬品扱いで、苦味をつける変性剤なしのアルコールと天然香料のみだったため、飲むこともできた。

ちなみに現在でも販売されている。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。