香りの逸話と歴史

エディブルフラワー

今回は食用の花である、エディブルフラワーについて。

エディブルフラワー
概要

そもそもエディブルフラワーは、直訳すると“食べられる花”。しかし、通常は食べるだけでなく、食べて美味しい花を指す。

近年起こったハーブブームにより、アメリカを中心にエディブルフラワーが料理に用いられるようになった。

花を食用にするには、香と味はもちろん、その花が有毒でないことと、農薬が使われている生花店も避ける。

食用に適したハーブの花は、ハーブ同様食す事が可能で、よりマイルドで甘みを感じる。

世界のエディブルフラワー

エディブルフラワーの歴史は以外にも古く、紀元前140年と言われ、世界各地で豊富な料理が伝えられた。

最古のエディブルフラワー
バラ

古代ローマ時代では、バラの酒が作られたと言われている。

現在でもアラブ、イラン、インド、トルコなどの国では、バラの花弁がお菓子や料理に用いられる。

特にブルガリアでは、素晴らしい芳香のブルガリアローズを使ったジャムが作られる。

次に各国でどのようなエディブルフラワーが使われているのかに触れていく。

中近東・イタリア

オレンジの花がジャムやゼリーに使われる。

ヨーロッパ

料理にケイパーの酢漬けが用いられ、香と風味が愛されている。スイートバイオレット(ニオイスミレ)やミモザは、砂糖菓子や飾りによく登場する。

日本

私達が気づかないだけで、ミョウガやふきのとう、山椒、シソの花などが香味野菜として食べられている。

おなじみの菊の花は食用菊として栽培したものを食べるなど、季節の息吹を感じる風習がある。

意外と盲点なエディブルフラワー

サフランは雌しべを乾燥させたもの、クローブは花の蕾を乾燥させたもの。どちらも花を使っているため、ある意味エディブルフラワーとも。

花茶

ベトナムや中国では花の香りを移した、“花茶”が多く作られる。

有名なのは茉莉花。いわゆるジャスミンの花の香をしたジャスミンティー、金木犀の香を移した桂花茶が有名であろう。

高級なものは開花したてのものを、茶に加えて香を移す作業を繰り返す。

安価なものは、香料で薫りをつけて飾りに花を使う程度になりがち。

ABOUT ME
Kemu
毎日ハーブのあれこれについて更新しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。