香りの逸話と歴史

香り染め

突然ですが、皆さんは“香り染め”をご存知でしょうか?

これは読んだとおり、薫香材料である植物を染め物に転用したもので、日本の伝統的な色の名前にも散見します。

ここでは実際にその素材を用いて染め上げられた色調と、素材名だけ引用されたものをご紹介。

 香染

丁子を煎じた液で染めた、赤橙色。これで染めた布や紙は、しばらく芳香を放って防虫の役割も果たした。

布だけでなく扇や料紙などにも、香色が愛用された。しかし、貴重な香料である丁子を使えたのは、一部の裕福な貴族だけである。

多くは紅花などの代用で染め上げられた物が多かった。

色調によって名称が変わるのも面白いポイント。

薄香・

香色の薄いもの。灰色がかった黄色

濃き香

濃い香色

赤香

赤みがかった香色。くすんだ黄赤

焦香 こがれこう

焦げた香色の意

丁子香

香色と同義。茶色がかった丁子色を指す。

鬱金色

鬱金の根茎で染めた鮮やかな濃い黄色。

鬱金で染められた布は香りを伴う。

その結果、防虫効果が発揮されるため、木綿に染めて子供の衣裳にしたり、古美術品や着物の外包などに用いられる。

肉桂色

肉桂の樹皮や根皮を乾燥させたもので、やや明るめの、赤みがかった茶色。

伽羅色

伽羅で染めた色。または伽羅に因んだ暗い黄褐色。伽羅茶とも。

江戸時代では伽羅という言葉は、香木を指すだけでなく、“素晴らしいもの”という意味があった。

ABOUT ME
Kemu
毎日ハーブのあれこれについて更新しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。