エッセンシャルオイル解説

Part24 カボス

カボス
概要

学 名:Citrus sphaerocarpa Hort
英 名:カボス
科 名:ミカン科
主な生産地:日本

採油部位と製法
果皮を圧縮。採油量は不明。

原産地その他の詳細は不明だが、ゆず、すだち共に日本フェは馴染みの柑橘類で、大分県の特産。

かつては樹齢300を超える古木があり、元禄8年(1695年)に医師の河野宗玄が、京都から種子を持ち帰り、栽培したとされる。

ダダイ系で皮は薄くなめらか。果皮が新緑のうちに収穫し、冷蔵庫で保存。商品としては、翌年の4月に出荷する。

主成分

・リモネン
・ミルセン
・γ-テルピネン
・α-ピネン
・β-ファネッセン
・β-カリオフィレン
・デカナール
・リナロール
・オクタナール
・ノナナール
・ウンデカナール
・ネロリドール
・ベリラアルデヒド
・酢酸ネリル
・ゲラニアール
・ネラール

性状と香調

淡い黄色から淡い黄緑色。酸臭の強い柑橘系の香り。

柑橘類の光毒性に注意する。
ABOUT ME
Kemu
毎日ハーブのあれこれについて更新しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。