エッセンシャルオイル解説

Part25 カモミールジャーマン

カモミール・ジャーマン
概要

学 名:Matricaria chamomilla L
英 名:Chamomile German
別 名:Blue chamomile oil
         Hungarian chamomile oil
科 名:キク科

採油部位と製法
花を水蒸気蒸留。採油量は0.05%

主な生産地
・アルゼンチン
・エジプト
・ハンガリー
・ブルガリア

マトリカリアという学名は、語幹の母を意味するマテール、あるいは婦人の容器治療に用いられることから、子宮に対応するラテン語のマトリックスに由来して付けられた。

ローマン種と異なり、一年草で茎は直立し、葉は糸状に近く、裂片を持つ2-3の複葉。頭状花は茎の先端に一つのみ。

性状と香調

深い青から青緑色。やや生臭く、濃厚な甘いアニマル調の香りを有する液体。

主成分

ビサボロールオキサイドA
カマズレン
cis-ディサイクロエーテル
ビサボロールオキサイドB
ビサボレンオキサイド
t-β-ファネッセン
ゲルマクレンD
t-β-オシメン

機能性&有用性

抗炎症作用
上皮形成作用
鎮痒作用
抗アレルギー作用
鎮静作用
抗菌作用
抗真菌作用
抗酸化作用
抗潰瘍作用
抗ヒスタミン作用

抗炎症、抗アレルギー、抗ヒスタミン
などの外用剤

芳香性胃腸薬
目薬
歯磨き
パップ剤
薬用化粧品

キク科アレルギーの場合は使用しない。
ABOUT ME
Kemu
毎日ハーブのあれこれについて更新しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。