エッセンシャルオイル解説

Part36 グレープフルーツ

グレープフルーツ
概要

学名:Citrus paradisi Macfayden
英名:Grapefruit
別名:ポメロ
科名:ミカン科

採油部位と製法

果皮を圧搾。採油量は0.06-0.1%

主な生産地

・アメリカ
・ブラジル
・イスラエル

18世紀に西インド諸島で発見されたブンタンの突然変異だと言われている。1823年にアメリカに入ったあと、テキサスなど他の土地に栽培地域を広げていった。

イスラエルでは日本と同時期に伝わったが、日本での栽培は失敗している。

このフルーツは常緑高木で、葉は卵型の披針形。花は総状花序か単性で、5-6月に咲く。

グレープフルーツと名がついたのは、ブドウの房のように実をつけることに由来していると言われている。

果肉の違いにより白肉種、淡紅肉種、紅肉種の3種類に分けられる。

このフルーツは精油、ジュース共に西洋薬と相互作用があるので、使用に関しては十分に気をつける。

主成分

・リモネン
・ミルセン
・n-オクタナール
・n-デカナール
・α-ピネン
・サビネン
・β-カリオフィレン
・リナロール
・ヌートカトン
・α-テルピネオール

性状と香調

黄色から幾分赤みがかった色で、爽やかなグレープフルーツ特有の香りを有する液体。

機能性

・脂肪分解作用
・空気殺菌作用
・抗菌作用
・血管拡張作用
・アセチルコリンエステラーゼ活性抑制作用
・健胃作用
・駆風作用

有用性

◇減肥効果
◇室内空気清浄
◇手、足浴の効果増強
◇消化不良

光毒性に注意する。
ABOUT ME
Kemu
毎日ハーブのあれこれについて更新しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。