エッセンシャルオイル解説

Part26 カユプテ

カユプテ
概要

学名:Melaleuca leucadendron L
英名:Cajeput
科名:フトモモ科

採油部位と製法
葉を水蒸気蒸留。採油量は1.2%

主な生産地
・インドネシア
・ベトナム
・ニューカレドニア

東南アジアから北オーストラリアまでを原産とする、フトモモ科の植物。最近ではベトナムやインドネシアで多く栽培されている。

スポンジ状の樹皮を持つ大木で、高さ20-30mまで成長する。

葉はグリーンで、樹木は白く薄い樹皮がある。年間500-4000mmの雨を必要とする、大水喰らい。

性状と香調

無色から淡い黄色。カンファー臭がし、ややスパイシーな香り。

主成分

・1,8シネオール
・α-テルピネオール
・ネロリドール
・リモネン
・α-ピネン
・α-酢酸テルピネル
・ビリディフロロール

有用性&機能性

・抗炎症作用
・去痰作用
・抗菌作用
・抗ウィルス作用
・弱エストロゲン作用
・抗気管支炎作用
・粘膜溶解作用

・呼吸器系治療
・耳鼻咽頭炎治療
・肺炎予防
・芳香剤

多量使用の場合、妊婦、授乳中の女性には注意が必要。筋肉痙攣発作の可能性があり。
ABOUT ME
Kemu
毎日ハーブのあれこれについて更新しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。