エッセンシャルオイル解説

Part41 コリアンダー

コリアンダー
概要

学名:Coriandrum sativum L
英名:Coriander
科名:セリ科

採油部位と製法

種子を水蒸気蒸留。採油量は0.3-1.1%

主な生産地

・インド
・ロシア
・エジプト
・フランス
・ハンガリー
・ポーランド

学名Coriandrum sativum Lは虫を意味し、ギリシャ語の「Koris」に由来する。

南ヨーロッパ及び地中海地方が原産地だが、3500年前からエジプトで栽培されていた。その種子は世界で最も古くから知られたスパイスの一つ。

未熟な果実の香りは独特だが、完熟すると完全に香りは消えてしまう。

そのため、早朝から夕方遅くに収穫し、畑に積み上げて数日間熟成させてから使う。

因みに葉と種子の香りは全く異なる。

性状と香調

無色から淡い黄色。やや甘くスパイシーで甘い香り。

主成分

・d-リナロール
・カンファー
・α-ピネン
・γ-テルピネン
・酢酸ゲラニル
・ミルセン
・ゲラニオール
・α-テルピネオール

機能性

◇抗菌作用
◇抗真菌作用
◇抗ウィルス作用
◇覚醒作用
◇鎮痛作用

有用性

○抗菌、殺菌
○疲労回復
○ボディマッサージ筋肉弛緩剤

ABOUT ME
Kemu
毎日ハーブのあれこれについて更新しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。