エッセンシャルオイル解説

Part21 ビターオレンジ

ビターオレンジ
概要

学名:Citurus auranitum L.
英名:Orange biter
別名:Sour orange
科名:ミカン科

採油部位と製法
果皮を圧搾。採油量は0.6%

主な生産国
・イタリア
・スペイン
・アメリカ

日本で言うところの代々を指す。

酸味が強いためサワーオレンジとも呼ばれ、原産地はスイートオレンジ同様インドヒマラヤ山脈地帯というのが定説。

世界的に広く栽培されており、西へ進んだのがビター、東へ進んだのが代々と呼ばれるように。

果実の果皮は剥くのがやや困難で、果肉は柔軟多汁。この酸味がマーマレードやポン酢の決め手になったりする。

葉の下での枝付きがスイートと異なり、ビターは小さなコブが大きいというのが

性状と香調

淡い黄色から黄褐色。爽やかさの中に、やや甘くサワーな感じを有する液体。

機能性

・抗菌作用
・鎮痛作用
・鎮静作用
・空気清浄作用
・抗骨関節炎作用
・血流量増加作用
・腸蠕動活性作用
・アセチルコリン
エステラーゼ
活性抑制作用

有用性

室内空気性状用芳香剤
血流増加による手足のリハビリ
胃腸調整
便秘解消

光毒性に注意する。
ABOUT ME
Kemu
毎日ハーブのあれこれについて更新しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。