Part51~Part60

Part59 スペアミント

スペアミント 精油
基本情報

学 名:Mentha spicata L
英 名:Spearmint oil
別 名:ミドリハッカ、オランダハッカ
科 名:シソ科

採油部位と製法

全草を水蒸気蒸留。採油量は0.3%

主な生産地

・中国
・インド
・カナダ
・アメリカ

スペアミント 精油
概要

地中海地方原産の多年草で、シソ科のためか多くの種類が存在する。一般にハーブ、園芸種、精油採取用はネイティブ、コモンと呼ばれる。

採油専用の品種も存在し、ハイランドにあるスコッチと呼ばれる品種で、ネイティブとM.arvensis Lとの雑種だと言われている。

スペアミントは欧米諸国ではポピュラーだが、日本ではあまり好まれていない。

性状と香調

無色から淡い緑がかった茶色で、甘さのなかに青臭さが混じった香り。

スペアミント
主成分

・l-カルボン
・リモネン
・1,8-シネオール
・ミルセン
・酢酸カルベニル
・t-ディハイドロカルボン
・酢酸ディハイドロカルベニル
・β-ブルボネン
・β-カリオフィレン

スペアミント
機能性

◇抗ダニ作用
◇抗真菌作用
◇胆汁分泌作用
◇脂肪分解作用
◇粘液溶解作用
◇鼻腔鼻炎治療作用
◇防虫作用
◇鎮静作用

ケトン類として55%を下回らないようにする。
ABOUT ME
Kemu
毎日ハーブのあれこれについて更新しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。