エッセンシャルオイル解説

Part32 ローマンカモミール

カモミールローマン
概要

学名:Anthemis nobilis L.
英名:Chamomile Roman
別名:Chamomile English
属名:カミツレ、カモマイル
科名:キク科

採油部位と製法

花を水蒸気蒸留。採油量は0.15-0.2%

主な生産地

・フランス
・アメリカ
・モロッコ
・ハンガリー
・アルゼンチン

古代エジプトの時代から広く使われ、花はりんごのような甘い香りがする。

学名の由来は強いりんごの香りがすることから、「地面のりんご」というギリシャ語のChamaimelon(カマイメロン)にちなんでいるとされる。

ジャーマン種と異なり、多年草で茎は地を這わない。茎は直立して、小葉は多くの裂片に分かれている。

性状と香調

淡い黄色から黄緑色で、強い菊の香りを有する液体。

主成分

・アンジェリカ酸イソブチル
・アンジェリカ酸イソアミル
・アンジェリカ酸メチル
・イソブチル酸イソアミル
・アンジェリカ酸
2-メチルブチルレート

機能性

・中枢神経抑制作用
(γ-アミノ酪酸)
・鎮痙作用
・抗炎症作用
・抗アレルギー作用
・鎮痛作用
・駆虫作用
・消化促進作用

有用性

◇つわり緩和
◇寄生虫駆除
◇精神的打撃緩和
◇鎮静剤
◇消化不良、胃腸回復

ABOUT ME
Kemu
毎日ハーブのあれこれについて更新しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。