エッセンシャルオイル解説

Part1 アーモンド・ビターオイル

今回はキャリアオイルの代表格、「アーモンドオイル」の成分と作用について解説。

アーモンドオイル

学名:Purunus amygdalus Batsch
var.amara

英名:Bitter armond oil

科名:バラ科

主生産地
・フランス
・アメリカ
・イタリア
・スペイン

採油部位と製法
種子の仁核を水蒸気蒸留。 採油率1.3-1.7%

性状と香り
無色から淡い黄色

非常に強いベンズ臭とむせるような香りのする液体。

小アジア及び中央アジア一体が原産とされている。

古くは防腐を目的に利用されていたが、核仁オイルには毒性が含まれているため、青酸を除去してから出荷される。

オイルは、仁に含まれている配糖体Amygdalinを加水分解して得られる良質のベンズアルデヒドを大量に含む。

キャリアオイルで使われるものはアーモンドのナッツを圧搾したもの。

主成分

・ベンズアルデヒド(96%)
・安息香酸(0.4%)
・ベンジルアルコール(0.3%)
他若干の成分が含まれる

機能性

◇抗菌作用
◇抗真菌作用
◇防腐作用
◇抗ウィルス作用
◇局所麻酔作用 他

利用法としては防腐剤、抗菌剤など。

注意事項

使用実績はないが、皮膚刺激が強いため希釈濃度に気をつける。

ABOUT ME
Kemu
毎日ハーブのあれこれについて更新しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。