Part61~Part70

Part61 セージ

セージ基本情報

学名:salvia officinalis
英名:sage
科名:シソ科

採油部位と製法

全草を水蒸気蒸留。採油量は0.2-0.3と少ない。

主な生産地

・ユーゴスラビア
・アルバニア
・トルコ
・ロシア
・チェコ
・アメリカ
・フランス

セージ
エピソード

香りの世界でのセージオイルは、ダルマチアン島(旧ユーゴスラビア)産のものを指す。原産地はヨーロッパとされているが、園芸品種など多くの品種が栽培されている。

市場ではスペインセージ、ギリシャセージと呼ばれるセージが出回っているが、特にダルマチアン島のものが最高。

学名はラテン語のSalvus(安全な、健康な)を語源としており、古くから薬用として利用されていた。

古代アラビアでは長寿の薬とて、また古代ギリシャでは万能薬としてちんちょうされていた。

セージ
主成分

・α-ツヨン
・ボルネオール
・1,8-シネオール
・カンファー
・β-カリオフィレン
・β-ツヨン
・ビリデフロロール
・p-サイメン
・カンフェン
・酢酸リナリル
・テルピネン-4-オール

ABOUT ME
Kemu
毎日ハーブのあれこれについて更新しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。